読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の自分と昨日の自分

アダルトチルドレン(?)である自分の考えごとの日記です。

自分の問題

 家族会議の結果、家族の問題は放置することにした。そして自分の抱える問題の解決に注力しようと思った。抱えている問題は次の通りだ。

1.家族との関わり方

 ①父のうつ病

 ②家庭との付き合い

2.自分のこと

 ①感情

 ②性格

 ③自己肯定

 ④コミュ力

 

1.家族との関わり方

 ①父のうつ病

 ②家族との付き合い

 最近は、自分なりにうつ病について調べるようになった。どう関わるべきなのかを把握しているが、それを実行移せそうにない。関わらないという距離が今の自分の心理に適切だと感じてしまう。

 また完全には修復できていない家族とどのように付き合うべきか。円を切ることも選択肢の中にはあるが、最善ではないし、今すべき選択でもない。4月から完全に自立できるから、その分だけ、独立性を確保できるのはうれしい。こう見ていると、非情な息子だと見えるが、お金だけは感謝しているから、養育費は返還しようと考えている。副業して稼ぐか。。

 厄介な点として、自分が長男であること、結婚後の親との関係である。まだ答えは出ていない。ACで結婚した方々はどうしているものなのか。

 

2.自分のこと

 ①感情

 ②性格

 ③自己肯定

 ④コミュ力、対人関係

 

 悩む理由としては、対人関係また人生を楽しめていないという点だ。

 ①感情

  家庭環境のせいで、気がついたら論理を重視するようになった。感情的では辛い環境であったということ、親が信用できず、何が正しいのかわからないということ、最年少である自分の唯一戦える武器が論理であったということが理由である。しかし世の中の多くが感情で動くということ、そして彼らも感情で動くということから、論理だけでは人は動かせないと感じた。だから、感情というものを手に入れたいと思った。

 大学のカウンセリングを利用してからは、感情表現が豊かになったと感じた。しかし止めた後かつ父との関わりがあってからは、それが乏しくなった。気が滅入ってしまった。心が疲れたのだろう。まずは心の疲れを取ることが優先だろう。

 

 ②性格

 母親のダメだしが理由で、周囲の反応をすごく気にするようになった。自分という人間がわからず、つまらない人間だと思う。ゴールのないことがすごく苦手。問題解決能力はあるけど、何が正解であるかを決める価値観がない。そこを周囲の意見に合わせてしまう。

 自分が何をしたいのかを把握すること、それを表現することが必要。またそれをするために、自分の欠点を受け入れて、周りにも受け入れてもらう必要がある。

 

 ③自己肯定

 上と同じく、多少、完璧主義な部分がある。今の自分では、他人に受け入れてもらえないと感じる。まずは自分の欠点を受け入れること。どうしたらACを克服できるかという問題について、コミュ力を高めて、対人関係を克服すべきと考えていたが、逆だと気づいた。自分の認知が、他人の僕への認知につながるということだ。

 

 ④コミュ力、対人関係

 これが最終ゴールかな。人に負い目を感じず、対等になりたい。