読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の自分と昨日の自分

アダルトチルドレン(?)である自分の考えごとの日記です。

価値観がないこと

 前回の「自分の問題」の部分で、自分には価値観がないということ、正解がわからない、ゴールを決めることが苦手と書いた。これについて、どういうことか書いていきたい。

 具体的な例を挙げるなら、電車で優先席以外で高齢者に席を譲るかどうかという問題だ。

 譲る場合の理由:

  年長者であるから、敬うべき。足腰が弱いから、譲るべき。

 譲らない場合の理由:

  自分が先に座ったので、権利があるはず。

  足腰を鍛える機会を奪うので、譲らないべき。

のように、正直どっちが正しいのかわかっていない。こんな問題が自分の中でいくつもある。何が正しいのかわからない。途中の論理は導き出せても、どちらが正解かわかっていない。それを他人に任せてしまう節がある。

 

 どうしてこうなってしまったかといえば、親の価値観を引き継ぐべきではないと思ったからだ。しかし、母にダメだしをいつも食らっていたせいで、自分の価値観が形成されずにいた。大学入学後は、他人の意見を参考に考えて、取り入れるようになったが、イマイチ形成されていない部分がある。

 価値観がないことによる問題は、自分という人間がないということである。プライベートな面では、つまらない人間であるし、パブリックな面では、リーダーシップ性を発揮しにくいという問題がある。そういった面で改善したいと感じた。時間がかかりそうだな。